こんにちは!岐阜県加茂郡に拠点を構えて、岐阜県可児市を含む東海三県やその近郊で消防・消火設備工事や配管工事、溶接工事を承っている有限会社臼田設備です!
火災はいつどんな建物に、どんな原因で発生するか分からない出来事であり、私たちの暮らしを脅かす恐ろしい存在だといえます。
そのような火災を防いでいくために役立っているのが、弊社が施工を手掛けている消火配管工事です。
今回は消火配管工事について、その役割や施工内容を細かくご紹介いたします。

消火配管工事とは

送水口
消火配管工事とは、消火設備を利用するために必要な配管に関する工事の総称です。
配管工事を必要とする消火設備としては、屋内消火栓設備やスプリンクラー設備、泡消火設備、連結送水設備などが挙げられます。
これらの設備はいずれも水や薬剤などを散布する設備であり、それを通すための配管の設置が欠かせません。
消火設備工事と消火配管工事を個別の業者に頼むとさまざまな手間がかかってしまいますが、弊社では設備の設置から配管工事までのプロセスを一貫して担うことが可能です。

具体的な施工内容

では、消火配管工事で設置される消火設備の例をみて、具体的な施工内容を確認してみましょう。
まず代表例として挙げられるのは、火災の初期消火を目的として設置される屋内・屋外消火栓設備です。
同様に消火を目的に自動で稼働するスプリンクラー設備と合わせて、工事によって設置した配管を介して水を散布することで消火活動を行っていきます。
泡消火設備では、水の散布が効果を発揮しない油火災に対して大きな効果を発揮する空気泡(エアフォーム)の散布を行います。
こちらの空気泡を散布するためにも、配管工事は欠かせません。
そして連結送水設備は、消防隊の消火活動に用いられる水を送水するために必要な設備となっています。
いずれの設備に関する施工も、建物と人命を守っていくための大きな役割を担っているのです。

臼田設備へご相談ください!

夕焼けとお問い合わせマーク
臼田設備は岐阜県内から東海三県にかけて、これまでに多数の施工を手掛けてまいりました。
優れた技術と知識を有しており、多種多様な現場で信頼性の高い施工をご提供させていただくことが可能です。
消防設備工事や溶接工事などをお求めの際には、いつでもお気軽に弊社へご相談ください!

【求人】臼田設備では新規スタッフを募集中!

臼田設備では現在、現場スタッフとして活躍してくださる方を募集中です。
弊社の業務には専門的なスキルが求められますが、幅広い人材を求めているため採用に際して経験の有無は問いません。
消防設備士の資格なども入社後に取得していただければ問題ありませんので、ぜひ弊社でさまざまな施工にチャレンジしていきませんか?
たくさんのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


消火設備・消防設備・配管工事は有限会社臼田設備へ
ただいま岐阜県加茂郡・可児市で求人中です!
〒505-0303 岐阜県加茂郡八百津町伊岐津志1885-1
電話:0574-43-4431 FAX:0574-43-4401
※営業電話お断り